神奈川県大和市消防本部・松坂光宏

大和市の不良公務員の件である。

取材日:2017.6.26(月)

松坂光宏(28才)

大和市消防本部勤務の現職公務員
妻の名義(ユニクロに勤務)であるが、実際には松坂光宏本人が、ネットワークビジネス(リゾネットという旅行のMLM)を副業でやっているのである。
公務員の副業規則に抵触していることを承知の上でやっている悪質な確信犯である。
それも夫婦共犯である。

松坂本人によると、
消防の勤務が終わったら、そそくさと副業に移るようである笑
既に4人を紹介済らしい。
しかも、このうち3人ほどは、松坂と同じ大和市消防本部に勤務する同僚である。
これでは、大和市消防本部で規則違反が蔓延しているということである。

ちなみに、リゾネットは、今年の1月に行政処分を受けている。
また、松坂は、当サイトの取材に対し、リゾネットの会員数はH18~H29までに、30,000人いると言っていたが、おそらくウソであろう。
なぜなら、リゾネットに対し行政処分を行った東京都のサイトによると、「都内3,823人(平成28年9月末現在)」となっている。

公務員のくせに副業を行っているだけではなく、「不実告知」という違法営業を行っている可能性が極めて高いのである。
こんなバカに大和市民の生命を守ることができるのであろうか?
今回のリゾネットに対する行政処分の理由の1つに、「不実告知」が該当しているが、リゾネットという組織としても何も反省していないようである。

松坂にこのような状況がどれほど悪質なのか知っているか問うてみると、松坂はその意味を全く自覚していないようであった。
心底バカなのであろう。
しかし、こいつは公務員であり、「バカでした、エヘ!」で済むような話ではないのである。

いずれにしろ、大和市消防本部を管轄する大和市長は、松坂らの勤務外の行動について今すぐ調査し、適切に対処すべきである。
当サイトでは、しばらく大和市の状況を見守ることにする。
リゾネットも、再度の行政処分を受けないようにしっかりするべきである。
あまりにバカ過ぎて監督しきれないというのが本音だろうけど(笑)
ほっといては、いけません!

<参考サイト>
東京都HP
リゾネットに対する東京都の行政処分