年利60%でカネ集め!茂木健太と秋本凌佑と仲間たち④「4ヶ月で1億の荒稼ぎ?」の巻

当サイトが、茂木に初めて会ったのは、今年2月である。
この時、茂木から以下のことを聞いた。

・バイナリーのシステム+コンサルは、175万円+税
 ⇒つまり、189万円(税込)
・2016年の10月からスタート
・18~43歳までの顧客がおり、全部で60人ほどいる。
・客は、紹介で集まる

ということだった。
当時は、まだ茂木自身が1人でバイナリーオプションのシステムとコンサルをやっているというものだった。
仮に、当時の茂木の話が本当なら、システム&コンサル販売を個人だけで、それも、今年の2月までの4ヶ月程度で、なんと、1億円以上の荒稼ぎをやっていたということになる。

189万円(税込)×60人=1億1,340万円
の税込売上ということになる。

本当のところは、分からない。
全額回収したのかも分からない。

それでも、売上として1億以上あるなら、無申告というのはかなりまずいだろう。
国税当局は、納税意欲の欠片もない茂木の調査を開始すべきであろう。
見た感じでは、茂木の羽振りは良さそうである。

本当に、60人の顧客に売ったのなら、預った消費税だけでも、840万円ということである。
消費税は、売上ではないのである。
顧客からの預り金である。

売上の金額によって消費税の申告の要否が判断されるが、1億以上も売上げていたら、通常、消費税の申告義務が出てくる。
茂木は、平気で無申告宣言してしまうような男だから、そんなこと屁の河童なのだろうか??

ただ、こういうビジネス?をやっている連中は、「実は儲かってます」的な話だけで、実際は法螺話というのがほとんどなので、いざ税務署が来たら、「本当は、これしか儲かってないです」
みたいなことを白状するのである。
だったら、「儲かる」と信じ込ませて、ツールを販売しているということであり、詐欺性の高いビジネスをやっているということである。

実際の捜査においては、このレベルで詐欺で認定することは難しいと思われる。
しかし、ほとんど騙しというか、常識では、「それ詐欺でしょ!」というレベルの悪徳商法であることは、間違いない。

詐欺師や詐欺まがいの連中は、このような微妙なところを攻めてくるのである。
その手法も常に変えて、ウィルスのようなものなのである。
悪い奴が多すぎて、当局の追跡もなかなか追いつかないので、要警戒が必要なのである。

まずは、知ることから始めるべきである。
無知は、「罪」なのである。