「トレード・コイン・クラブ(TCC)」坪本英男と尾藤健介(富士通)と仲間たち③

何より、
尾藤健介は、アルマンドCEOとか、日本のトップ(カントリーリーダー)の坪本英男とかに洗脳されているのか知らないが、完全に陶酔しきっていたように見えた。
MLMの手法なのに、概要書面の事前交付もないし、そんなそぶりも見せない。
ていうか、知らない。

それなのに、絶対の自信に溢れていた。
MLMにハマっている人間の典型的な様相だった。

海外の投資なのに、国内の事業者について、全く必要な説明がなされていない。
通常の金融商品の販売で行われる、契約締結事項の確認や重要事項に関する説明義務が、果たされていない。

仮に、投資商品ではないという解釈が成り立つとしても、投資先について肝心な事項は、すべてブラックボックスで、「言えない」となる。
もったいぶって、値打ちつける商法だろうが、投資やマルチで営業するなら、金融商品取引法や特定商取引法の連鎖販売取引に規定された事項については、最低限順守されるべきである。

尾藤の話を聞いていたら、もうバカらしくなってきたが、こいつは、本当に富士通の現役SEなのだろうか?
不思議ちゃん???なのである。
しかも、尾藤は、大阪大学出身という頭脳の持ち主のはずである。

高学歴で一流企業で、「俺ってアタマいー」って思いこんでるのか知らないが、世間知らずと言うのは、怖ろしいものである。
富士通も、尾藤にどういう教育してるのかね?
勤務外だから、関係ないってことなのだろうか?
東証1部上場企業なんでしょ?
ちゃんと教育した方が良いと思いますよ。

ところで、
尾藤のTCCにおけるポジションは、どの辺なのだろうか?
尾藤によると、
尾藤は、坪本の下の土屋の下の下のw、「広野まさかず」という人物の下にいるらしい。
ということは、尾藤がこんなことに手を染めたのは、広野のせいだな!
悪いやつだな~

尾藤が、かわいそうだと思わないのかね?
坪本は、どう思ってるのかね?
ちゃんと真面目に働いているエリートサラリーマンを、デタラメなマルチ商法にひっぱりこんじゃかわいそうでしょ?
尾藤が、バカだったからしょうがないってことかい?

そんなこと言っちゃいけないよ!
当サイトでは、尾藤健介のことを、とても心配しているのである。
早く、目を覚ましてほしいと願っているのである。
富士通の田中社長も、同じ思いだと思うのである。