【FO】湯田陽太と田之上祐太博士(九州大学)と仲間たち⑦

FOでは、月に1回のペースで会社説明会があるらしい。
会社といっても、日本国内には法人が存在しないから、FOのアジア統括のヘンリー氏という人物が日本に来て全国で説明会をやっているようだ。
しっかり、通訳付きの万全な催しらしい。

東京・大阪・福岡・札幌でやっているようだ。
日本中を飛び回って、バカな日本人からカモる作戦である。
まあ、こんなもの信じて騙されるのもバカだけど、騙すほうが悪いでしょ!

今すぐ詐欺で認定するのは、民間の外部の立場では難しいが、違法なカネ集めの手法を取っているのは事実であるのだから、組織犯罪として早く摘発してほしいと思うのである。
また湯田さんかwって、業界にいる人は思ってるし、さすがに、この芸風も飽きてきましたよ!

そして、天下の九州大学農学博士号の田之上祐太博士によると、
今回のFOは、

・日本のトップは、菅井祐介(29歳)
・でも、本当の日本のトップは、湯田陽太(33歳)
・湯田は、月収3~5億稼いでいる(ほんとかいな笑)
⇒はい、国税さん、よろしく!
・FOは、湯田が、スイスのプライベートバンクの人に確認してもらったから大丈夫!
・FOとのやりとりは、菅井が担当
・菅井は、月収5,000万
⇒はい、国税さん、よろしく!
・菅井は、「口から生まれてきた男」(うちじゃなくて、田之上がホントにそう言ってたよ!)
・菅井は、ゼクシィの会長とつながっているだか、仕事してるだか言ってた(よくある、ハッタリトークだろうが、ほんとのところは知らん)

それで、田之上に最初に会った時に、リーガルチェックの問題について確認したら、田之上は、自信満々に問題ないと答えた。
具体的には、
・湯田と田之上の両方の弁護士のリーガルチェック済み
とのことだったが、2回目に田之上に会った時には、どの弁護士かごまかしていたのである。
こいつは、頭が良いから、言った言わないの話に持っていこうとするのだが、はっきりとそう言ったのは事実であるというのが、当サイトの主張である。
いずれにしろ、田之上は、法的に完璧にアウトなことを自信満々にやっていた事実がある。

また、田之上によると、

湯田と菅井は、銀座で1回500万の飲み代らしい。
⇒はい、国税さん、よろしく!

そして、田之上も湯田と菅井と一緒に銀座で飲んで遊んで、かわいがられていることをアピールしていたのである。
トップの湯田と菅井と一緒に銀座で飲んで、会計500万で、そんな俺ってすごいっしょ的な営業アピールをしこたまされ、耐えるのが大変だったのであるが、正直、きもかったのである(笑)

ちなみに、支払は湯田がやるそうだが、たまには、その時の気分で飲んでる連中で割り勘にする時もあるらしく、田之上も60万円払わされたことがあるらしい。
田之上によると、
「この人たちに関わっていたら、しょうがない」
ということのようだ!

もう、頭が良いのか悪いのか、よく分からんやつなのである。

これらの飲み代の原資は、FOやら過去のD9で飛ばしたカネなんじゃないの?
断言はできないけど、違法犯罪収益で遊び歩いているという、疑惑の目で見られても仕方がないであろう。
どうせ、他人のカネだしね!
税金くらいは、ちゃんと申告しなさいよ!

君たちのやってるマネーゲームの高配当の税務処理も、てきとーなんだから、ちゃんとしないと、与沢翼みたいになっちゃうよ!