【マイナーワールド】河端一泱と青木昇太(元大阪府警)と仲間たち②

青木昇太は、元大阪府警で梅田に勤務してたらしい。
今は退職して、自分で副業コンサルとして活動しているようだ。

副業コンサルの内容としては、ビットコイン投資の紹介という話で持っていくらしい。
ビットコインの話から始まり、投資勧誘に持っていくのであろうが、法律なんか知らないから、違法行為やり放題になってしまっているのは、とても残念なのである^^

青木によると、
警察を退職後、リクルートで転職エージェントをやっていたらしい。
リクルートでは、かなり良い営業成績を上げたようだ。
リクルートは、こういう優秀な社員に対し、起業支援制度というのがあり、会社を作って独立することができるらしい。
その制度を利用して作った会社が、株式会社RISINGである。
代表は、青木自身である。

また、青木は、リクルートを辞めた後、旅行のMLMで有名な、「リゾネット」で活動し、最高タイトルを獲得したらしい。
ちなみに、リゾネットは、ちょうど1年前、東京都から、3ヶ月の業務停止の行政処分を受けている。
悪質な勧誘行為が原因である。

このリゾネットでは、河端一泱というネットワーク界の有名人がグループを作り、事実上、リゾネットと言えば、河端さんというのは、業界では誰でも知っているくらいの有名人である。
湯田陽太のような人物である。

青木は、リゾネットの時に、この河端の下で薫陶を受けたらしい。
河端のことを、とても尊敬しているようだ。

しかし、リゾネットは上記の通り、行政処分をくらって活動ができない時期があり、河端は、リゾネットの仲間を引き連れて、次のビジネスに移ったらしい。
まずは、サビアンという、クレジットカードの手数料収入を配分するMLMをやったようだが、いまいちうまくいかなかったようだ。
そこで、次に手を出したのが、マイナーワールドらしい。

つまり、今は、河端グループの総力を上げて、マイナーワールド(MINERWORLD)での「悪人カネ集め」を頑張っているようだ。

<徳山大学HPより>