【マイナーワールド】河端一泱と青木昇太(元大阪府警)と仲間たち③

マイナーワールド(MINERWORLD)の概要

青木昇太によると、

・ドル建て
⇒ビットコインの変動は関係ない
⇒負担は、会社に行く
・初期投資2万~
・月利16%
・日利0.54%
・紹介料は、別途週払い
・2012年からスタートした
・ブラジルの会社
・日本スタートは、2016年前半〜
・出金は、いつでもOK
・報酬は、ビットコインで受け取る
・BitOfertasという取引所を保有している
・MLM方式(バイナリー)
・河端一泱が日本のリーダー
・河端の直接下にいて、中核的地位に青木昇太がいる
・森明代というのも、中核の1人
⇒青木は、スリートップに入るトップポジションとして指導的地位で活動
・昨年の11月12日から全体登録が始まってスタート

ということのようだ。
様々な法的な問題点については、概ねTCCやFOと同じです。

まとめると、

「海外投資+MLM」形式を取っていて、
・投資なのに、無登録営業
・MLMなのに、概要書面がない

という、最初から違法連発で、コンプラ精神はゼロ!

TCC(トレード・コイン・クラブ)やFO(Financial.Org)と同じ、最近はやりの手法を取っている。
つまり、組織的犯罪集団である。
これも、実際の中身は確認のしようがなく、結局、紹介者や河端を信じるしかないのである。

運営側のコンプラ精神が、こんなに希薄なら、詐欺事件に発展する可能性も十分に考えられる。
少なくとも、「悪人カネ集め組織」であることは、間違いない。
今後、組織的詐欺事件に発展すれば、青木君の立場はかなりまずいであろう。
しかも、青木君は、元警察官なのである。

河端にいつまでもくっついていたら、大変なことになるんじゃないかい?