海外サイトを利用した賭博行為(オンラインカジノ)

ダイヤモンドオンラインは、以下、末尾の記事を配信した。

以前、オンラインカジノをやっていた国内のユーザーが、刑法の賭博罪で摘発されたという事件があった。
これについて、ユーザーの1人が弁護士を立てて争い、不起訴処分になった事例がある。
理由は不明だが、立証が難しいという検察の判断だったと思われる。

警察的には、違法だから摘発したわけで、現状、グレーな状態であることに変わりない。
認める、認めない、どちらにしろ、明確な法整備が必要である。

ダイヤモンドオンラインの記事では、文中、「不起訴判決」という記述があるが、不起訴処分の間違いではないのか。
この事件の担当弁護士の他での記述を見たり、少し調べた限りでは、あくまでも、検察が不起訴にして、裁判にはなっていないようなので、判例にはなっていないはずである。
(間違っていたら、教えて下さい)

逆に、判例にもなっていないから、今後同様の事例があれば、今度は、検察も起訴する可能性があり、裁判で有罪になる可能性もあるということである。
ケースバイケースの微妙な判断になってくる。

よって、オンラインカジノの国内利用が、すぐに合法になったとは言えないことに注意するべきである。
ましてや、捜査当局的にはアウトという判断であり、ネットに書いている業者の見解を鵜呑みにし、あまり当局を舐めてかかってはいけないと思われる。
業者は、利益優先思考なのは当たり前であり、業者は、あなたの人生に対する責任を取らないし、取れないし、取る気もないからである。

よく調べて、自分の人生観に照らして、判断するべきである。
知っててやるなら、しょうがないが、自己責任である。

仮に、捜査当局が、積極的に動いてきたら、有罪になる可能性もあるということになるだろう。
いずれにしろ、あいまいな基準が問題であるので、オンラインカジノの違法性についての解釈運用なり、明確な法整備なり、明確な基準が必要である。

ユーザーが、あいまいな判断で摘発される危険性があり、摘発する当局も、あいまいな基準では運用が難しいはずである。
明確な基準の確立は、捜査する側、される側、両方にとって有益なはずである。

でも、知っている人や、抑制できる人は、こんなことはやらないから、これ以上、言ってもしょうがない。
君子危うきに近寄らずである。

ちなみに、ダイヤモンドオンラインの記事では、オンラインカジノの収益が、闇社会への資金源となっていることを懸念しているが、賭博行為は、伝統的にヤクザの資金源だったのは、周知の事実である。
そこから知恵を絞って、現代版にアレンジしているのであろう。

結局、やるなら腹を括ってやれば良いのである。
それでこそ、博打うちの真髄ではないだろうか^^

って、思うけど、
当サイトでは、オンラインカジノについて、特に推奨しておりません(念のため・笑)

<以下、ダイヤモンドオンラインより>
スマホで賭博「オンラインカジノ」に群がる闇世界の人々