FOの大賀葵氏(joker)からクレームが入りましたので、誠意をもって対応させていただきます①

大賀葵氏とみられる方から入ったクレームです。
本人確認までしていませんが、当事者しか知らない状況が記載されているので、本人で間違いないでしょう。

丁寧に書かれていたので、こちらも誠意をもって回答いたします。
まず、大事なことから書きますが、記事については、大賀氏の言い分も多少分かる気がするので、一旦、該当記事は全部削除しました。
しかし、法的措置を仄めかされているので、今後は、より徹底的に事実に基づいて、大賀氏の崇高な名誉に配慮し、改めて、より正確な記事にしたいと思います。

たった1回の記事で伝えようとしたため、無理があったのかもしれません。
この辺は反省し、全力で真意を伝えたいと思います。

こちらとしては、裁判所の判決をもって削除に応じることも考えましたが、別に、大賀氏に対して悪意があるわけではないので、大賀氏が丁寧にクレーム対応された以上、今回は、当サイトもこれに応じ、一旦削除のもと、改めて時間をかけて回答することに致しました。

提訴も仄めかされている以上、回答にあたっては、丁寧に書かなければなりません。
そのため、どうしても記事数が多くなってしまいますが、ご了解ください。

今回は、弁護士に依頼されているようですから、大賀氏の代理人の先生とご覧ください。
大賀氏の崇高な名誉に配慮しながら、「真実性」と「公益性」を十分に満たす記事にできればと思います。
そのきっかけを与えていただき、感謝します。

訴訟になれば、長い年月がかかるかもしれませんが、法律のプロの先生から、「これでok!」と言ってもらえるような記事にできれば幸いです。

ただし、裁判になったり、話が大きくなった方が、社会的関心が膨らみ公益性に資することも否めません。
いずれにしろ、訴訟になれば、堂々と受けて立ちます。

また、大賀氏によると、私のことも調査済みのようで、軽く脅されてますから、気を引き締めないといけません。
別に、逃げも隠れもしないし、むしろ、調べて当たり前ですから、勝手にやってもらって結構ですが、私が何者か調べるならとことん調べてください。
中途半端な情報で言われても、めんどくさいですから、きっちり調べてください。

なお、当サイトの見解は、今回より「FOの大賀葵氏(joker)からクレームが入りましたので、誠意をもって対応させていただきます」シリーズとして丁寧に書かせていただきます。

近いうちに、大賀氏代理人から当サイトに通知が来るものと思いますが、堂々と丁寧に言論を展開していきますので、訴訟事案になれば、皆さんにも裁判実況中継ができると思います。

しかし、大賀氏から来たメールの出だしのタイトルが、「こんにちは。」ととても丁寧だったものですから、もう、おじさんは、これを見た瞬間、戦う気が薄れてしまったことは否めません(笑)

大賀葵氏の言い分によると、
「あることないこと書かれてますし、携帯の番号など個人情報を載せられているので今弁護士に相談しています。 ・・・」
とのことです。

私としては、
・「あることないこと」のうち、どれが「ないこと」なのか?
・携帯番号は、「joker」の名刺に自分で書いたんじゃないのですか?
・公にビジネス活動を展開するなら、業務上の電話番号は公開されてしかるべきではありませんか?
・「joker」の名刺は、ビジネス上の名刺なんじゃないのですか?
・「joker」の名刺をもらった人は、みんなビジネス名刺だと思ってるんじゃないんですか?
・それがプライベートの番号なら、あなたのミスじゃないのですか?
・普通、仕事の名刺にそんなクレーム入れませんよ?

という疑問が浮かびますが、大賀氏が丁寧に対応されたので、大賀氏のjokerの名刺は一旦削除しました。
これについては、必要に応じ、もっぱら公益性の観点から、電話番号等を黒塗りにして再掲載するかもしれません。

念のため申し上げますと、名誉棄損では、仮に真実でなかったとしても、「相当の理由」があれば免責されますが、なるべく訴訟で立証できるレベルで書ければと思います。

今回は、ご挨拶として、また改めて誠意をもって回答させていただきます。